宣言!大人ニキビを治す!

大人ニキビの治し方、化粧水、化粧品の選び方、正しい洗顔方法などを紹介。

*

大人ニキビを治す化粧水の選び方

化粧水には肌のキメを整えたり、次に使う化粧品の浸透をよくする働きがあります。
洗顔後は、天然保湿因子や細胞間脂質など肌の保湿成分が失われています。
時間が経つほど水分が蒸発して乾燥してしまい、ニキビや肌荒れの原因になります。
洗顔後はできるだけ素早く化粧水をつけて失った保湿成分を補うような成分を与えます。
ニキビができている方は皮脂分泌を気にしてさっぱり系や皮脂を抑えるタイプの化粧水を選びがちです。
参考:大人ニキビの化粧水

思春期ならさっぱり系でもよいですが、大人ニキビは乾燥が原因なので、保湿系の化粧水が必要です。
さっぱり系の化粧水にはアルコールが配合されているものが多くあります。
アルコールは肌につけるとすぐに蒸発して、蒸発するときに肌の水分を奪って乾燥をひどくさせます。
皮脂を抑えるタイプにもアルコールが使われていることがあります。
皮脂分泌を抑える化粧水を使い続けると、逆に皮脂分泌が活発になりことがあります。
保湿成分にはヒアルロン酸やセラミドなどがあります。
とろみがある化粧水は肌表面にとどまりやすく、毛穴をつまらせてニキビを悪化させます。
成分を小さくして浸透力を高め、とろみがない化粧水を選んでください。
ビタミンC誘導体には肌のキメを整えたり、ニキビの炎症を抑える働きがあります。
ビタミンC誘導体を高濃度で配合した化粧品は刺激があるので、肌が弱い人は避けたほうがよいですが、ヒリヒリ感などがなければニキビによいです。
植物系の化粧品は肌に優しいイメージがありますが、必ずしもニキビによいとは限りません。
植物系化粧水にはオレイン酸などのオイルが使用されていることがよくあります。
アクネ菌は脂肪分が大好物です。
化粧水に含まれるオレイン酸をエサにして繁殖し、ニキビを悪化させます。
植物系の化粧水を選ぶときは、オイルが配合されていないことを確かめてください。
化粧水はコットンでつける派と手でつける派に分かれると思います。
ニキビ肌は手でつけるのがおすすめです。
コットンは摩擦が生まれて肌を傷つけてしまうことがあるからです。

大人ニキビ治療は早めに皮膚科へ

私は思春期ごろは結構ニキビがひどくて、おでこや頬などが常に赤いニキビでいっぱいの状態でした。
すごく悩んで、こまめに洗顔したり、油取り紙で皮脂を取ったり、市販のニキビ薬を毎日使っていました。
気にして触り過ぎると良くないのは分かっていましたが、それでもつぶしてしまって悪化させたりしていましたね。
でも、この時のニキビは一年ほどで落ち着き、ニキビがあったなんて嘘のように健康な肌になっていました。
こまめな洗顔や市販のニキビ薬が効いたのかもしれません。
しかし、せっかく落ち着いたと思っていたのに、30代に差し掛かる頃にまたニキビに悩まされることになってしまったのです。
これは思春期の赤ニキビとは違い、白い小さいニキビが無数にできるといったものでした。
できる場所も顎と頬あたりが中心で、思春期の時のTゾーンとは違っていました。
ですから、最初はニキビとは気付かず、ストレスかなんかで吹き出物ができてると思っていました。
とりあえず思春期の頃と同じように洗顔をこまめに、できるだけ油分のある乳液などを使わないようにして、市販のニキビ薬をつけてみました。
でも、治るどころかますます悪化してしまい、周囲からもどうしたの?と心配されるほどになってしまいました。
当時の自分にはニキビごときで皮膚科に行くなんて考えがなかったのですが、周囲の勧めで皮膚科に行くことになりました。
その時に言われたのが、これは紛れもなく大人ニキビです、という言葉です。
ホルモンバランスの乱れ、肌のターンオーバーの衰えなどが原因でできるものだということでした。
角栓が角質に閉じ込められているので、この角質を薄くしてニキビの元を剥がしてしまわなくてはいけないそうです。
そして、ディフェリンゲルという塗り薬を処方されました。
これは肌のターンオーバーを促進する働きのある薬だそうです。
ディフェリンゲルを塗り始めて1か月ほどで、私の大人ニキビはほとんどなくなりました。
私にとって、この薬の効果は驚くほど大きかったです。
大人ニキビに悩む方には、一刻も早く皮膚科に行くことをお勧めします。

公開日: